ハーブティーの効能

一般的にハーブという場合、特にヨーロッパでは薬草やスパイスなどの有用な植物を指す場合が多いようです。引用に用いられる物が多いため観賞用のものは除外されることが普通となっています。また、大量生産するものも除外される傾向にあり、広義的には日本の緑茶もハーブに含まれるのですが、大量生産されるという部分で除外の対象となることが多いようです。

また、逆に劇薬として有用な物も含まれます。いわゆる有毒植物もハーブに含まれるため、使用や栽培には許可が必要な物もあります。ハーブティーは上述のハーブを乾燥させて煮だして引用としたものです。市販されているものが多いのですが、自家製のハーブを乾燥させるということで自分で作ることも多いのです。ハーブは様々な効能を持つとされていて、ハーブティーはその効能をもっとも簡単に享受できる普段として用いられています。

また、効能よりも香りや味覚、そして色を楽しむために飲む人も多くその楽しみ方は多彩といえます。ハーブティーの中でも代表的なものにローズヒップがありますが、これから大量のビタミンCが補給できるとされています。これはビタミンCを大量に消費する喫煙者や美容にもよいとされています。他には有名なペパーミントが有り、ご存知のように清涼感があり、アレルギー症状を和らげ、さらに二日酔いや、車酔いなどを和らげる効能があるとされています。ハーブティーは健康食品に分類されることが多く、今後も様々な種類のものが登場してくるでしょう。

Copyright © 2014 ハーブティーの保管方法 All Rights Reserved.